泡っわ!

一人暮らしを始めるにあたり、


一番に求めたのは中古の洗濯機。


その日まで仕事は実家から通い、


洗濯は母任せ。


洗濯機の操作など知らないのに、


なぜか最も必要に思えた褐藻糖膠


 引っ越して落ち着くと、


たまった汚れ物を


洗うことにした。


汚れ物を水につけ


洗剤を放り込む。


洗濯機のスイッチを入れた。


ゴーとうなり、


ぐるぐると回転を始めた。


「え!」


目が釘付けになった老人斑


なんと洗濯槽に生じた


洗剤の泡がすごい。


そして


ついにあふれた。


大慌てでスイッチを切った。


 その日は、


キッチンの流し台が


洗濯機となった。


汚れ物をごしごしと手洗い。


洗濯機で狼狽えるぐらいならと、


頑張った。


 翌日息子が心配で


やって来た母に聞きまくり、


洗剤の量や、


洗濯機の操作をやっとマスター香港台灣機票


でも、


自分で洗濯は一ヵ月も続かなかった。


ためて実家に持ち帰り、


母に任せた。


 いまも、


洗濯は妻に


全面依存している。  


アカの他人が「ゆるく生きる」のを見て

自分の過去のブログ記事のひとつを読んだ。
超人気ブロガーである「ちきりんさん」の書かれた内容に関してのものだった。


ゆるく生きる。
あっさり書かれたPretty Renew 銷售手法ものは、こころを楽にしてくれる。
が、これには、行間に別の意味がある。


有能で努力している人が、数々の実績を積んだ上、得た結果である「ゆるく生きる」を、
無能で努力していない人が、なにも実績を残さず、表面に現れる結果だけをひょいっと自分に当てはめて「ゆるく生きる」。


これは、違うんじゃない?
と、ちきりんさんは、さらりとイヤミなく、でも論理的に書かれている。


したいことと、すべきことと、ヒマだからやっていること、これらを区別して自覚せよと。


わたしが前に読んだときからさらに5年も、人生の残り時間が少なくなってきている今、
新たに読み返すと、なかなか鋭いものがある。


偉い人も、偉くない人も、老化して脳が夢世界Pretty Renew 銷售手法に行けば、最後はいっしょやん!
向こう岸もこちら岸も、いっしょやん!
と、偉くないわたしは、元?偉い人の脳が老化しているのを目の当たりにして、感じ悪い感想を抱いていた???が、
最後は一緒でも、プロセス、過程、それまでが、違う。
「それまで」が大事なのである。


お腹一杯になるまで食べるのは幸福だが、何をどのように食べるか、だ。
たんに満腹中枢を満たすだけなら、何を食べても同じ。


そのプロセス、なにを食べるか、が、「質」だと思う。
上質を知らない人には、上質の意味を理解できないだろう。
ただし、人によって、質のとらえ方が違う。
基準があいまいなので、皆さん、プライドが傷つかないようになっている。


わたしは、ちきりんさんのように、有能でもなく努力もせず、実績も残していないので、
わたしが「ゆるく生きよう」などと言っても、「あんたが、なにを言う」と石を投げられるだろう。



わたしは、プライドが高い、らしい。
内容もさほど無いのに、意識が中身を上回っている。
せめて、プライドの高さを客観的Pretty Renew 銷售手法に実証できる、根拠となる「何か」を具現化させるため、努力すべきである。


とかなんとか???またもや文字数をやたら使って、延々と、サボり肯定論を説きそうな悪い予感。
表現を変えただけの、自己肯定は、うんざりであるが、???まあ、いいんじゃないか。


優秀な人には優秀な論理、そうでない人にはそうでない人の論理がある。
お互いに、ニアミスして衝突しないよう、交差点でうまく交通整理がなされている。



そういえば、囲碁対戦では、人工知能が人間を超えたらしい。
難しいことは、コンピューターにやってもらったらいい、ってことだ。


人間には、勘が働いたり、感情に支配されてミスを犯すが、人工知能は、律しすぎて、精密すぎて、
逆にそれが命取りになる場合がある。
新しい経験値をアクシデントの起こったその場で臨機応変に対応して、追加することが出来ない。
人間も試行錯誤して更新していくし、コンピューターもプログラミングしていく。
試行錯誤機能を人工知能に付加して、どんどん性能を上げて行くと、恐ろしく高性能のことが出来ることだろう。


データや数値だけで測ることのできない、人間の目や感覚が必要なことは必ずある。
人間の力と人工知能をミックスさせることが 人工知能を使いこなすキーになる。


自給自足

手作りが好きは人間なら、一度は夢見る 自給自足。
 ん? 違った?
 そうだよね。


 自分で作った服を着て、
 自ら工夫し蔡加讚た料理や お菓子を食べ、
 自作の曲を聴きながら、自作の物語を読む。
 壁には、暇にあかせた落書きを飾る酔狂も。


 ここまでは 何とかなりそうです。
 でも、衣食住の「住」は無理。
 テレビで 家を建てたおじさんを見た時は、
 尊敬と憧れを抱きましたが、
 私には体力的にも、金銭的にも、技術的MathConcept好唔好にも、やっぱり無理!


 子供の頃に作った 薮を利用した秘密基地程度では、
 大人が居住するには不向きです。
 都会の住宅地には、様々な規制があると思うので、
 竪穴式住居や段ボールハウスでは、
 すぐさまdiamond coral 好唔好撤去されそうです。
 段ボールハウスに付いては、ちょっとしたアイデアがあるんですけどねえ。
 実現するのはあきらめてます。


 ああ、夢は 遠く はかなく散るのでしょう。